TOPへ

Myジャンプ

トップへ戻る
2017.06.18
MyジャンプBEST「父の日コレクション」配信中!
一家の大黒柱それが父。毎年6月の第3日曜日は「父の日」です。毎日汗水流しながら家族の為に働いてくれている父に感謝の言葉をあげてみてはいかがでしょうか?そんな「父の日」に贈るのは「父特集」!!父の背中をみて子供たちは育つ、そんな名シーンを10作品10タイトルから厳選したMyジャンプでお届けするぞ!!
富樫義博
コミックス:33巻
338話「樹上」
世界樹のてっぺんで会う約束をしたゴンとジン。不安と期待が入り混じる中頂上まで登り始めるゴン。頂上でジンと再会したゴンは聞きたいことをゆっくりと聞き始める。今欲しいもの、世界の広さ、ジンとの会話の中で二人は徐々に仲を深めていくのだった。
父親として会話することの大切さが伺えるシーンだ。
鳥山明
コミックス:全42巻
467話「さらば誇り高き戦士」
ついに封印が解かれてしまった魔人ブウ。その圧倒的な力の前に、次々と仲間たちがやられていく。ベジータは1人魔人ブウと戦うが全く歯が立たず防戦一方だった。それを見ていたトランクスは父を助けようと駆けつけるが、父・ベジータに気を失わされてしまう。魔人ブウを倒す方法を編み出したベジータは最後の必殺技を繰り出す。
決死の覚悟で挑む、父の雄姿は必見だ!
尾田栄一郎
コミックス:85巻
第576話「大海賊エドワード・ニューゲート」
史上稀にみる海軍と大海賊・白ひげとの大決戦。そのさなか、突如現れた黒ひげ一行は瀕死の白ひげを打ち取ろうと一斉に襲い掛かる。意識が朦朧とする中、全ての攻撃を受けてもなお倒れない白ひげは、世界に向けて「ひとつなぎの大秘宝」は存在すると宣言するのだった。
船員を息子と呼んでいた「白ひげ」の誇り高い大きな生きざまに注目だ。
久保帯人
コミックス:全74巻
187話「THE CIGAR BLUES PART TWO」
一護が平子から“仮面の軍勢”(ヴァイザード)への勧誘を持ち掛けられているさなか、突如大きな霊圧を感知する。一方、一護の体の中に入っていたコンは虚に襲われ一護の父・一心に助けられたのだった。助けた一心の姿は死神の姿をしており巨大化した虚と対峙する。
いつもは頼りないように見える父でも、子供のことになると絶大な力を発揮することがわかる注目のシーンだ。
麻生周一
コミックス:21巻
62話「Ψ大手一流企業!?父のお仕事」
父の職場を見学することになった楠雄は、父が出版社に勤めていることを知るのだった。だが名前も知らぬ出版社、家では頼りない父を見ていた楠雄は父の仕事ぶりを見ていくことにするのだが…。
普段は知らない父の意外な一面を垣間見ることができるシーンだ。
原作:大場つぐみ
漫画:小畑健
コミックス:全12巻
23話「激走」
さくらテレビ宛にキラからのメッセージが届き、独断でキラからのメッセージが放送され始めた。キラ対策本部の宇生田は放送を止めに駆けつけるが、やられてしまう。その頃入院していた夜神総一郎が突如姿を消したのだった。
職務を全うしようとする父の姿は必見!
監修:堀井雄二
原作三条陸
作画:稲田浩司
コミックス:全37巻
85話「父と子の戦い!!!の巻」
ダイの父は超竜軍団長・バランだった。バランはダイを魔王軍に引き入れようとするが、ダイは勇者として魔王軍と戦うことを宣言し一対一の勝負に出る。しかし、強力な力の前に完膚なきまでに倒されてしまうのだった。
敵味方に別れて戦うことになった親子の姿が読める作品だ。
山花典之
コミックス:全8巻
9話「がんばれお父さん!」
不動産詐欺で一緒の家に住むことになってしまった、正太郎一家と奈摘一家。正太郎は朝から朝食を作り、子供達を保育園に送りに行く。ご近所では詐欺の話が広まり、変な噂が立っていた。奈摘と正太郎は子育ての事で衝突するのだが…。
歪な家族関係の中でも父は子供の為にがんばれる姿に注目だ。
高橋よしひろ
コミックス:全18巻
42話「父の教えの巻」
凶熊・赤カブトと戦い続ける熊犬・銀とその父・リキ。仲間を数分で倒していく赤カブトは、目を負傷しても動揺の色さえ見せることなく暴れ続けた。リキは息子の銀に、先祖代々伝わる熊殺しの秘伝「絶 天狼抜刀牙(ぜつ てんろうばっとうが)」を伝授する。だがリキ1人での技では倒しきれなかったのだが・・・。
壮絶な死闘の中、父が教え子に受け継がせる雄姿に注目だ。
うすた京介
コミックス:全20巻
79話「限りなく透明に近い父」
強くて優しく透き通った父・間池留(マイケル)。幼少のころジャガーは間池留(マイケル)一家に拾われて育ってもらった。ある時仕事でアメリカに行った父が行方不明になってしまい、それを聞いたジャガーは近所を探してみるものの見つからずにいた。探していくうちにジャガーは足を滑らせ池に落ちてしまう。
体を張って子供を救おうとする、父の姿に注目だ。
「父の日コレクション」を読めば、父の偉大さを再認識するはず!
皆さんもこの機会に、普段伝えられない感謝の気持ちを伝えてみては!?
構成◎井上徹
(C)富樫義博/鳥山明/尾田栄一郎/久保帯人/麻生周一/大場つぐみ/小畑健/堀井雄二/三条陸/稲田浩司/山花典之/高橋よしひろ/うすた京介/集英社